各科診療のご案内

あらゆる角度から総合的に診察を行います

各科診療のご案内 内科・整形外科を中心に、あらゆる角度から総合的に診察を行います。 検査はレントゲン・エコー・心電図・骨密度測定・重心計・重心歩行計等そろえております。また各種健診(健康診断等)・禁煙外来・各種予防接種も受け付けております。 得意分野として「内科専門医」「リウマチ専門医」の登録を受けており、その他にも「外科」「整形外科」専門の医師が在籍しております。『体の調子がおかしい、でも何科にかかればよいのかわからない』といった経験はございませんか?健康のことで何か気になることなどありましたら、些細な事でも気軽にご相談ください。

各種健診ー40歳を過ぎれば特定健診を受けましょう リハビリテーションー経験豊富な専門スタッフにおまかせ 介護相談ー介護に関する事なら何でもご相談下さい 通院が困難な方へー訪問リハビリ、訪問マッサージ、送迎

内科・消化器科・循環器科

内科・消化器科・循環器科 熱、せき、のど痛、腹痛、胸痛、頭痛、だるさなどの色々な症状に対して診察します。 また必要に応じて専門の科、連携先病院へ紹介します。

対象となる症状

内科 感冒(風邪)、脂質異常症、糖尿病、感染症、喘息、アレルギーなど
消化器科 腹痛、肝炎、嘔気、嘔吐、便秘、下痢、下血など
循環器科 高血圧、心臓病、動悸、息切れ、むくみなど

当院で可能な検査

血液検査、レントゲン、心電図、心エコー、腹部エコー、乳腺エコー、
頸動脈エコー、肺活量検査、ABI、尿検査、便検査など
≫ このページのトップへ

リハビリテーション科

退院後もリハビリが継続できる

リハビリテーション科 退院後もリハビリが継続できる

入院中にリハビリを行ったが、さらに状態を良くしたいので退院後も続けたい、という希望にお応えします。

手術ではなく保存療法という選択

日常生活動作に問題(痛み・しびれ等)がある、手術が必要だと言われたができれば避けて、症状と上手く付き合いたい、という方もご相談ください。

理学療法について

何らかの疾病や傷害などを原因とする機能的な障がいに対し、評価(検査・測定)を実施して、患者様個々に応じた徒手療法・運動療法・物理療法を実施します。
具体的には可動域・筋力向上運動、体操指導歩行動作・日常生活動作(ADL)の改善協調性・バランス・姿勢調整 姿勢アライメントの改善、「足底板」を使用した姿勢改善、関節機能障害、痛みの改善への徒手アプローチ

対象となる症状

頸部の痛み 交通事故等によるむち打ち損傷、頸椎捻挫や変形性頸椎症、
頸椎椎間板ヘルニアなど
腰部の痛み 変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニアなど
上肢・下肢の痛み だるさ ヘルニアや坐骨神経痛からの神経症状や筋力の低下など
肩の痛み・可動域制限 腱板損傷、肩関節周囲炎(五十肩)など
膝の痛み・可動域制限・拘縮 変形性膝関節症など
スポーツ障害 肉離れ、足関節捻挫、酷使による関節障害など
骨折 ギプスなどの固定が必要な骨折を中心に診ます
その他 腱鞘炎、ばね指など
≫ このページのトップへ

インテレクト・アドバンス

インテレクト・アドバンス インテレクト・アドバンス

超音波治療・電気治療を単独または同時に行える治療機器『インテレクト・アドバンス』を導入しました。当院2Fのリハビリ室に設置して、リハビリ機能訓練と同様に15~20分間の治療を行います。インテレクトは、マルチ電気治療法・超音波療法・sEMGの治療が可能で、さまざまな疾患や症状にアプローチできます。

マルチ電気刺激治療について

25種類以上の電気治療を行うことができ、電気刺激の種類により、痛みの軽減・血行促進・筋肉への刺激・イオン導入(痛みどめ薬の浸透促進)などの効果が期待できます。
『痛み・筋肉の衰えなどが気になる方にお勧めです』

超音波治療法について

超音波は人体に非侵襲で診断と治療の両面で活用されています。治療で行う超音波は、心地よい温熱感があり、鎮痛効果・損傷部位の治癒促進効果があり、電気治療と合わせて行うことで早期の回復が期待できます。超音波の照射率を調整することで、急性期の炎症から慢性期の症状まで対応できます。また、超音波は空気中では伝わりにくいため、ゼリーなどをぬりながら治療を行います。
『五十肩・捻挫・打撲・骨折後・関節痛などにお勧めです』

sEMGについて

sEMGとは、筋電図を用いて筋肉が動いていることを確認し、マヒなどで動かしにくくなっている筋肉に対し刺激を与え、運動をアシストしたり筋肉の収縮を促したりすることができます。最近は、脳卒中などの運動マヒの治療として注目されています。
『脳卒中・ヘルニアなどの神経マヒの方にお勧めです』

※インテレクトは、超音波治療と同様に当院2Fにてリハビリの一環として行っております。
※予約制で15~20分程度の治療となります。
※詳細については、担当スタッフまでお気軽にお尋ねください。
≫ このページのトップへ

超音波治療器導入しました

超音波治療法の特徴

超音波治療器導入しました ・超音波は音の波で、現在診断と治療の両面で活用されて
 います。
・超音波は空気中には伝達しないので、ジェル等を使用し
 人体に密着させます。
・皮下の脂肪組織ではほとんど減弱しないので、深部に
 まで治療効果があります。
・超音波の周波数を調整することで深部・浅部の調節でき
 ます。
・照射時間率を調整することで、温熱・非温熱刺激を調節できます。
・炎症の強い時期から治療ができます。

※超音波治療は、当院2Fにてリハビリの一環として行っております。
※予約制で20分程度の治療となります。
※詳細については、担当スタッフまでお気軽にお尋ねください。
≫ このページのトップへ

整形外科・ペインクリニック(痛みの治療)

整形外科・ペインクリニック(痛みの治療) 身体を動かすのに必要な器官である骨・筋肉・関節・神経・脊椎などの病気やケガを扱います。 当院では「保存療法」(手術をしない)を行います。しかし手術や検査が必要な場合は専門の科、連携先病院へ紹介します。

対象となる症状

骨折、脱臼、腰痛、肩こり、手足のしびれ、膝痛、椎間板ヘルニア、骨粗しょう症、外反母趾、巻き爪など

ペインクリニック(痛みの治療)

神経ブロック、硬膜外ブロック、関節内注射

当院で可能な検査

レントゲン、筋肉・関節エコー、骨密度測定、重心動揺測定など
≫ このページのトップへ

在宅医療・通院が困難な方へ

在宅医療(訪問診療、往診)

在宅医療(訪問診療、往診) 患者様本人、御家族、病院・施設、介護事業者と連携をとり、できるかぎり住み慣れた家庭や地域で療養しながら生活を送ることを応援します。いつでもお問い合わせ下さい。グループホームや有料老人ホーム等の施設への往診も可能ですのでご相談ください。

訪問リハビリ

訪問リハビリ 当院では、通院が困難な方や自宅で介護が必要な方を対象に、訪問リハビリを実施しております。日常生活動作(例:トイレ動作、入浴動作)の練習やご家族への介助方法指導などをさせて頂きます。また退院・退所後の方にも集中してリハビリができます。いつでもお問い合わせください。

内 容

・関節可動域練習(ストレッチ)
・筋力増強訓練・歩行練習(自宅内)
・日常生活動作の練習(食事、整容、排せつ、入浴、更衣、移乗)
・外出練習(屋外歩行練習、買い物練習、電動車いすでの屋外駆動練習)
・家事動作の練習(掃除、調理、洗濯など)
・家屋改善や福祉機器の相談・介助方法の指導

訪問マッサージ

訪問マッサージ あんまマッサージ指圧師のスタッフがご自宅や、施設のお部屋にて施術します。 寝たきりの方や体が不自由な方が少しでも健康に近づくことができるよう手技療法を行います。 医師の同意があれば医療保険適用となります。



≫ このページのトップへ

Copyright(c) 2014 Ichiyukai Tsuji Clinic All Right Reserved.